Shin ITAGAKI was born in a town in Yamagata, Japan. Living around mountains and lush greenery, Shin’s disposition toward nature has been a constant in life. When he was in high school, he belonged to the mountaineering club and climbed the mountain on weekend. He felt a quiet world away from the hustle and bustle of the city in the mountain. The majestic nature overwhelmed and inspired him, and he felt a continuous life.

 

These feelings are also reflected in his works.  The painting that feels like a calm moment. The building which floods in Tokyo is thought as still life. The girl with the wall standing there. It seems to be lonely in the wistfully thing. However, the relation appears when the same motif is repeatedly drawn. Even if there is only one piece in front of you, it is part of the continuum, and there is a connection.  It will be considered the same in life and society.

 

While exhibiting on a regular basis, he is seeking the possibility of expression, 3D modeling, making music, live performance, and working as a graphic designer. He received a Bachelor of Engineering from Ibaraki University, and Diploma of Art from Tokyo Design College.

 

 

 

Exhibition  
2019 "Cloudy day" Shin Itagaki, Satsuki Seki  Exhibition at TDA'S GALLERY AMI (Japan)
  "FGS Collection" at Fuji Gallery Shinjuku
   
2018 "100 Collection", "FGS Collection" at Fuji Gallery Shinjuku
  "Shiodome Street Festival2018 -Summer-" (Japan)
  "Blue Collection" at Tokyu Department Store TAMAPlaza (Japan)
  "Approximation" at Gallery IRO (Japan) 

 

"Shin Itagaki Exhibition" at Tully's in Omotesando Hills (Japan)
   
2017  "Shiodome Street Festival 2017 -Winter-" (Japan)
  "SEBIT2017" at TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM (Japan)
   
2016  "inquire" at Design Festa Gallery (Japan)
   
   

 板垣晋は山の麓の緑溢れる山形県で育ち、彼の人生における気質はその豊かな自然によって育まれた。学生時代には山岳部に所属しており、毎週末には山を登っていた。そこで街中の喧騒から離れた、静かな世界に身を委ねる。山岳信仰も根強く残るこの地域で、湿潤な杉林に息づく生命、白銀の世界の雄大な自然に圧倒、感化され、確かに連続している生命を感じた。

 

 それらの感覚は描く絵にも表れている。見た瞬間に落ち着くような絵画。その根底には、彼が山で感じた感覚がある。都会に乱立する建物を静物的に捉え、画面に描いていく。そこに佇む少女と壁はどこか物憂げで寂しい感じがする。しかし同じ題材が何枚も描かれ、連続して並べられると、一気に関係性が湧き出てくる。一枚だけ目の前に作品があったとしても、それは連続しているうちの一部であり、どこか繋がっている。人生や、人が形作る社会でも同じことが言えるだろう。

 

 

 定期的に展示を行う傍ら、表現の可能性を求め、立体造形、曲作り、ライブパフォーマンス、グラフィックデザイナーとしても活動している。2012年に茨城大学から工学部の学士号を取得、2017年に東京デザイン専門学校からアートの専門士号を取得した。

Exhibition

2019 《くもりの日》板垣晋・関沙月 二人展 ギャラリーアミ
  《FGSコレクション展》グループ展 フジギャラリー新宿
   
2018 《FGS コレクション展》 グループ展 フジギャラリー新宿
  《100点のコレクション展》 グループ展 フジギャラリー新宿
  《汐留ストリートフェスティバル2018–SUMMER-》
  《Blue Collection》 グループ展 東急百貨店たまプラーザ店 
  《近似値 板垣晋・関沙月二人展》ギャラリーイロ
  《板垣晋展》個展  タリーズ表参道ヒルズ店
   
2017 《SEBIT2017 東京都専門学校アート&デザイン展》 東京都美術館
  《汐留ストリートフェスティバル2017 -Winter-》
   
2016 《問う》2人展 Design Festa Gallery